アンチエイジング生活

年齢不詳の女性を目指してアンチエイジングなライフスタイルをお伝えしています。

フルーツ青汁

春の紫外線に気を付けて!日焼け止め選びはココを抑えて!!

投稿日:

春になると急に紫外線が気になりませんか?

一年中紫外線は注いでますが 特に春の紫外線は気を付けないといけません。
肌が紫外線を敏感に感じ取るのは春先が多いと言われています。

夏場は紫外線の量が多いのは知っていますが、予防もして紫外線を浴びないように気を付けていますよね。

春先は冬の寒さが緩んで気持ちいい日差しのせいで、紫外線の予防までしない人が多いので肌にダメージを受けやすい季節です。

特に日焼け止めや日傘をさす人も少ないので肌は紫外線をもろに吸収してしまいます。

さらに花粉症や敏感肌の人は、紫外線を受けることで肌のダメージも強く化粧品が使えなくなることも・・・

シミもこの時期の予防によって防ぐことができるので春からの紫外線対策は必要ですね。

紫外線とシミの関係は?

意外とシミって日焼け跡すぐにできると思っている人が多いと思うのですがシミは日焼けしてすぐにできるわけではありません。
生まれてからずっと浴びていた紫外線が溜まって溜まって、ある日突然肌の表面に噴出してきた!!っていうイメージです。

なので、すでにシミが出ている人は予防しないと常にいつでもシミになる状態なので紫外線を浴びるのを避ける必要があります。

少しだけの外出だから、洗濯物を干すだけだから、と、油断すると またまた紫外線が肌に溜まっていくのでシミを作ってしまいます。

油断しないで冬でも日焼け止めを塗る事が大事です。

まだシミがないから大丈夫!!と油断するのも禁物です。紫外線を浴びたことによって蓄積されたシミの予備軍は溜まるだけで排泄されることはありません。

シミになりたくなかったら徹底した予防が大事です。

紫外線を予防しよう

紫外線は日焼け止めだけで大丈夫!
曇っているから今日は何の対策もしなくていい!

など、間違った日焼け対策をしている人がたくさんいます。

うっかり紫外線を浴びないようにするには

・紫外線は室内にも入ってくるので部屋の中でも日焼け止めを使用しよう。
・曇りの日は紫外線が少ないのは間違い!同じように紫外線は出ているので油断しないで
・日陰でも、散乱光という広がる紫外線を浴びますので対策が必要です。
・日傘をさしていても地面から反射して紫外線を浴びるので顎の下に日焼け止めを塗るのを忘れないように

意識して紫外線をカットしないと知らないうちにシミになってしまうので注意が必要です。

紫外線予防はやっぱり 日焼け止めが一番

化粧品の下地クリームを日焼け止めにしている人も多いと思います。
日焼け止めにはいろんな種類がありますが

・SPF
・PA

という表記を見欠けますよね。
SPFって簡単に言ったら、肌が赤くなるまでの時間のこと
そして紫外線B波をカットする力です。

SPF1だとサンバーンをおこすまでの時間を20分伸ばします。
なので日中サンバーンを防ぐにはSPF20程度で充分です。

PAというのは紫外線A波をカットする力のことです。
PAは
+
++
+++
の三段階の表記です。
紫外線A波は肌の奥まで紫外線が届いてしまうのでそれを予防するPAは++以上を選ぶ方が良いでしょう。

海や郊外に出かけるときには+++を選んで使用することをお勧めします。

日焼け止めクリームの選び方

普段から使用する日焼け止めクリームには紫外線吸着剤を含まないものが理想的です。
敏感肌や肌の弱い人は紫外線吸着剤を使用すると刺激を感じることがあるので特に注意が必要です。

できればノンケミカルで肌に優しい日焼け止めクリームか乳液タイプのものが使いやすいです。
最近ではスプレータイプのものも多く見かけますので、汗をかいたときなど外出先で使用するには便利です。

下地クリームやファンデーションにも日焼け止め効果をうたっている商品が多いですが
ファンデーションや化粧下地のほとんどが紫外線吸着剤を使用しています。

なのでファンデーションを使用した時に肌が荒れる人も増えていますよね。

肌のことを考えたら日焼け止めクリームはノンケミカルのものを使用して
ファンデーションは日焼け止め効果のない物を使った方がトラブルを起こしにくいと考えられています。

日焼け止め化粧品はノンケミカルを最優先にして選びましょう。

-フルーツ青汁

執筆者:

関連記事

スッキリフルーツ青汁でペコ激やせ!SNSでも大人気のダイエット

スッキリフルーツ青汁でぺこ激やせしているのを見ましたか? 一回り小さくなったぺこちゃんは-10キロダイエットに成功したんだって 1食置き換えした青汁の効果らしいから余りにも簡単なのでびっくりです。 ぺ …