アンチエイジング生活

年齢不詳の女性を目指してアンチエイジングなライフスタイルをお伝えしています。

無添加スキンケア

無添加スキンケアとニキビの関係は?

投稿日:2017年4月9日 更新日:

無添加スキンケアがニキビに効果的だと知っていますか?
ニキビ肌に有効だと言われている化粧品が添加物がたくさん入っていると
ニキビが一層ひどくなってしまったり・・・ニキビ化粧品を使用しているのに一向にきれいにならないと思ったら
化粧品を見直すタイミングかもしれません。

ニキビには無添加のスキンケアが良いと言われるのはどうしてでしょうか?
皮脂や汚れがニキビを悪化させるのはニキビで困っている人は
よく耳にすると思いますが、ニキビのためにお手入れしている化粧品が原因で
余計にひどくなっていることもあります。

添加物が多いスキンケアはニキビ肌を刺激してさらにニキビを化膿させてしまいます。
まずは無添加化粧品でニキビのケアをすることが大事です。

ニキビをお手入れするには洗顔が基本中の基本です。
メイクの汚れや過剰な皮脂を取り除くことから開始するからです。
洗顔の時、たっぷりを泡立てて泡で汚れを取るように使用することで
余分な皮脂や汚れを取り除くことができます。
泡立ては、泡立てネットを使ってしっかりと泡立てることが大事です。

必ず泡立てネットを使ってきめ細かく泡だった泡を使って顔全体を洗います。
ニキビができてしまった肌も、ニキビになりそうな肌も洗顔を丁寧に行うのが
基本中の基本です。

洗顔以外でもお手入れは無添加のスキンケアを使用することをお勧めします。
無添加のスキンケアは肌につけて悪いものが含まれていないので安心して
ニキビ肌に使用することができます。

意外ですが保湿も大事です。
ニキビを予防するためには、洗顔を終えたなら、すぐに化粧水などを使用して保湿ケアを行います。
ニキビ肌の人は脂性だからと言って保湿をしなくなると、かえってニキビの原因にもなります。
乾燥肌のような保湿は必要ありませんが、適度な保湿は肌状態を維持するには必要です。

でも、いつも化粧水や乳液、美容液を使用するのではなく、その時の肌状態との相談をすることも大事です。
いつもより乾燥していると感じたら美容液をたっぷり、化粧水パックをするなどの保湿ケアをプラスするように・・
クリーム系で保湿を調節するよりはニキビになりにくくなりますよ。

お肌が元々持っている力を甦らせ、その美が復活するよう、
肌細胞の活性化を促進し、健康な状態に戻すことも考え商品化していると話題の無添加スキンケア
使用し続けることでダメージに負けない綺麗な肌に出会えるでしょう。

無添加スキンケアでニキビケアをするなら長く使用することをお勧めします。
一般的なコスメよりはゆっくりと肌をきれいにしていくイメージが強いです。
大きな効果を期待するよりはじっくりと肌に浸透しながら肌を変えていくイメージです。

白く化膿したニキビを見つけると、気になって触ってつぶしてしまう人も多いと思います。
でも、ニキビをつぶすとニキビ跡がひどく陥没したように肌にダメージを与えます。
消えないニキビの痕跡が残ってしまうこともあるので、触らないで自然にきれいに取れるのを待ちましょう。
どうしても気になって触りたい!つぶしたい!衝動に駆られてしまったら、皮膚科に行ってきれいに
治療することをお勧めします。

乾燥肌でも、ニキビができる人もいます。表面がカサカサに乾燥している人は、まずは無添加スキンケアで
保湿をきちんとすることで肌の状態を乾燥から守るように心がけて下さい。
乾燥肌ニキビはもともとの肌が乾燥しているので、面倒なのですが、きちんと保湿しながら
泡洗顔できちんとニキビ予防を心がける事

また、化粧水や美容液でも保湿をタップリすることで肌の状態を維持することが大事です。
刺激に弱い人が多いので、無添加の化粧品で乾燥肌の対策をしながら
ニキビケアをすることが大事です。

人より弱い肌だと一括りにする事には無理がありますが、お肌に負荷が掛からず、しかも肌の質に合った化粧品で、お手入れをするということが大事です。

気温や肌の状態によって、肌の具合が変化しやすいというのも、敏感肌の辛いところです。
敏感肌でニキビができて困っているなら、すぐに無添加スキンケアに切り替えることが大事です。
肌質や肌の調子に合わせて、きちんとスキンケアをするようにしてみてくださいね。

-無添加スキンケア

執筆者: